麺類はダイエット中に食べない方がいいとも言われていますが、食べ方の工夫、量によってカロリー摂取量は全く違ってきます。

朝食は必要か

麺類について

ご飯と麺類では麺類派も意外と多いと思われます。
うどん、そば、パスタなど沢山の麺類があり、一言に麺類と言っても沢山の選択手段があります。
しかし、みんなに人気な麺類ですが、ダイエットには麺類は適さないとも言われています。
麺類は炭水化物が多くなってしまうことが多く、野菜や肉類のバランスが欠けてしまう可能性が高いからです。
結果的に炭水化物の取り過ぎになってしまいます。
それでダイエットをしている人にとって麺類を取ることはできるだけ避けたいと思うのです。
麺好きの人にとって麺を100パーセント絶つのは難しいことです。
我慢しすぎるストレスもダイエットの敵と言われています。
ストレスによって代謝が悪くなるからです。
それで、同じ麺類を摂取するにしてもできるだけ太りにくい麺類を選ぶことによってストレスを軽減することが出来ます。
実際には麺類派ご飯に比べてカロリーが低いことが多いのです。
しかし、ご飯に比べて食べすぎてしまうことや汁を飲みほしてしまうことによって自分でカロリーをあげているのです。
ですから麺類を食べるときには、小鉢やトッピングに気をつけることが大切です。
例えば天ぷらうどんと山菜うどんでは、食物繊維の量、カロリーが違います。
ダイエット中の時には山菜うどんを取ることがお勧めです。
また同じパスタでもトマトソースやオリーブ油を使っているパスタと、カルボナーラでは、野菜の量、カロリーが違います。
それでトマトソースやオリーブ油を使っている物を意識して選びます。
その時に大切なのがサラダや海藻の煮物など食物繊維がたっぷりと入っているサイドメニューをつけることです。
それによってもカロリーの吸収がずいぶんと違います。
ただダメだとあきらめるのではなくて、食品の摂取の仕方、種類を考えることによって、大きく変わってきます。

人気のダイエット関連のハナシは、ここで情報収集しましょう

Copyright (C)2017朝食は必要か.All rights reserved.